高知医療学院

  • メール

文字サイズ

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく
  • フェイスブック
HOME>理学療法学科>理学療法士とは

理学療法士とは

理学療法士は、今後ますます活躍分野の拡大が予想される国家資格です!

理学療法士(PT/Physical Therapist)とは

image

病気やケガによって身体が不自由になった人々に対し、身体と心の両面から機能維持・回復をはかる治療法を理学療法といいます。

障害の予防や改善を図る運動療法や物理療法などの治療を適切に行うため、専門的な教育を修め国家資格を取得した者が理学療法士(PT/Physical Therapist)です。

障害を持った人が、その人らしい生活を取り戻し、質の高い人生を送れるようになるために行う全ての活動をリハビリテーションといいます。そのリハビリテーションの場で、医師やその他の多くの専門職種の人たちとチームを組んで治療計画を立て、実践するのが理学療法士の仕事です。

教員紹介

image
学院長宮本 省三SHOZO MIYAMOTO
皆さんが坂本龍馬を生んだ土佐の地で、人間味溢れる優れた理学療法士に成長することを心から期待いたします。高知医療学院の教育は学生が主体です。
常に自己の可能性を信じて未来にチャレンジしてください。全力で応援します。
現 職 名 学院長
学歴 及び 職歴 昭和56年3月 高知医療学院理学療法学科卒業
昭和56年4月 高知医療学院勤務
資  格 理学療法士(昭和56年)
専門分野 運動療法学・認知神経リハビリテーション
担当科目 運動学T,U,V,W,運動療法演習V,神経障害理学療法学V,W
理学療法特論,卒業研究
主な研究テーマ 認知運動療法,中枢神経疾患の運動療法,理学療法教育
会  員 社団法人日本理学療法士協会正会員
社団法人高知県理学療法士協会正会員
日本認知運動療法研究会正会員(会長)
認知リハビリテーション研究会正会員
主な研究業績 認知運動療法入門:臨床実践のためのガイドブック,協同医書出版,2002
認知運動療法,理学療法ハンドブック第2巻,協同医書出飯,2000
子どもの発達と認知運動療法,協同医書出版,2000
片麻痺に対する認知運動療法,理学療法MOOK,
脳損傷の理学療法2 三輪書店,1998
認知運動療法;運動療法再教育の新しいパラダイム,協同医書出版、1998
運動制御と運動学習(選),協同医書出版,1997
運動療法のパラダイム転換、認知運動療法研究1:60‐82、2001
半側空間失認を合併した脳卒中片麻痺患者に対する認知運動療法;シングルケーススタディーによる分析、認知リハビリテーション2000:110-115、2001
認知運動療法,理学療法学25:485−488,1988
運動の認知障害と理学療法,PTジャーナル32:564−570,1998
脳卒中片麻痺に対する認知運動療法;その理論的根拠の解説と治療方略の紹介,総合リハ21:967-975,1993
認知運動療法の理論と実際,理学療法学21:160-167,1994
理学療法学科学生の臨床実習成績に関する研究;特に教育評価の妥当性と信頼性について,PTジャーナル27:499-503,1993
脳卒中片麻痺に対する認知運動療法;学習過程としてのリハビリテーション(訳),PTジャーナル26:50-54,1992
理学療法学科学生の患者評価能力について,理・作療法21:107-114,1987
理学療法プロセスの展開における一つの試み,理・作療法19:268−274,1985
image
教務部長小野 美紀MIKI ONO
リハビリテーション医療の現場では、男性、女性関係なく活躍できます。 理学療法士を志望する女性の割合も多く、私も女性として、学生皆さんの目標を達成するために、様々な問題を共に解消しあえるような関係を心掛けています。また、医療技術者は人と人との繋がりが重要となります。理学療法の対象となる様々な障害を有する人々、その人を取り巻く人々、その医療を支える他職種の人々。高知医療学院では、人との関わりについて、入学後早期から、医療面接の講義や母体病院での実習等、実践的な講義に積極的に取り組み、相手を理解することの重要性を学んでいます。
現 職 名 教務部長
学歴 及び 職歴 平成元年3月  高知医療学院理学療法学科卒業
平成元年4月  愛宕病院入職
平成5年3月   愛宕病院退職
平成5年4月   高知医療学院入職
資  格 理学療法士(平成元年)
専門分野 理学療法学,日常生活動作学
担当科目 医学英語T,U,日常生活動作概論,日常生活動作学T・U
理学療法セミナー,理学療法特論,卒業研究
主な研究テーマ 理学療法教育,臨床実習教育
会  員 社団法人日本理学療法士協会正会員
社団法人高知県理学療法士会正会員
主な研究業績 理学療法臨床教育へのクリニカル・クラークシップの導入経過と現状について
理学療法士教育1:11-14,1995
image
教務副部長高橋 昭彦AKIHIKO TAKAHASHI
平成16年4月から高知医療学院に赴任しました。担当する講義の中では、これまでに培った経験を活かし、生きた臨床を 学生の皆さんに少しでも伝えることができるように心がけています。高知医療学院の3年間を通じて、アイデンティティを備えた理学療法士として巣立っていってほしいですね。
現 職 名 専任講師
学歴 及び 職歴 平成 3年3月 九州リハビリテーション大学校理学療法学科卒業
平成 3年4月 兵庫県立総合リハビリテーションセンター中央病院入職
平成13年4月 神戸大学大学院医学系研究科入学
平成15年3月 神戸大学大学院医学系研究科博士前期過程終了(保健学修士)
平成15年3月 兵庫県立総合リハビリテーションセンター中央病院退職
平成16年4月 高知医療学院入職
資  格 理学療法士(平成3年)、特許第3624142号(運動感覚機能再教育訓練機器)
専門分野 下肢整形学科系疾患・脊髄損傷・切断に対する運動療法
担当科目 評価学概論、評価学T〜V、運動学V、運動器疾患理学療法学W、脊髄障害理学療法学、末梢神経障害理学療法学、医学用語、卒業研究
主な研究テーマ 下肢整形外科系疾患の障害構造、変形性膝関節症に対する運動療法、平衡機能障害・歩行障害の分析、認知運動療法
会  員 社団法人日本理学療法士協会正会員
社団法人高知県理学療法士協会正会員
日本認知運動療法研究会理事
主な研究業績 認知運動療法入門:臨床実践のためのガイドブック、協同医書出版、2002
新体系看護第36巻リハビリテーション看護、メジカルフレンド社、2003
変形性膝関節症の理学療法効果検証への取り組み一歩行障害に対するアプローチを中心に−.理学療法17:661-670、2000
全人工膝関節置換術後の認知運動療法の応用、運動・物理療法12:160-167、2001
整形外科疾患に対する認知運動療法、兵庫リハセンター紀要:17-23,2000
下肢の整形外科的運動障害に対する運動療法の問題点と展望。認知運動療法研究2:56-80,2002
変形性膝関節症の姿勢制御機能と理学療法。PTジャーナル36:245,2002
image
専任講師 学生副部長園田 義顕YOSHIAKI SONODA
本を手にとって、文字を目で追い、一定の姿勢を保ちながら、わたしたちは「読む」という行為を行っています。さらにその行為には書いてある意味を考えたり、それを声に出したりすることも出来、またうれしくなったり、ドキドキしたり、感動したりと「心」の変化も起こります。これらはすべて「身体」と「脳」がなければ成し得ないことです。身体とは筋肉や骨、靱帯、血管、内臓といったものを含み、脳は頭と身体とを行き来する神経のことを指します。これらには複雑な働きがあり、わたしたちの日常生活は各々が機能的に役割を果たすことで成り立っているのです。  理学療法士は、身体、脳に問題を抱え困っている患者さんをみる仕事であり、問題は目に見える「運動」だけでなく、目に見えない「心」にも生じます。高知医療学院は、このような患者さんにより適切なリハビリテーションを提供することが出来る理学療法士を育成しようとする学校です。わたしの講義では、皆さんの目標とする国家資格の取得をサポートしながら、これまでの臨床経験を活かし、身体と脳について考えていきます。是非高い志を持って一緒に学んでいきましょう。
image
専任講師八坂 一彦KAZUHIKO YASAKA
私は、『縁』や『出会い』を大切しています。私が理学療法士になろうと思ったきっかけに、ある理学療法士との出会いがありました。理学療法士として病院という臨床現場(愛宕病院)で働いていた時にも、先輩や同僚、後輩などとの出会い、そして多くの患者との出会いがありました。様々な出会いから関係性が生まれ、そのすべてが自分の成長の糧となります。  高知医療学院は、理学療法士に必要な知識や技術の習得はもちろんのこと、学校生活などを通じて情操豊かな人間性の向上を目標にしています。その中で、私は学生がこれから出会う患者のための糧になるような教育を心がけています。
image
専任講師笹岡 愛加AIKA SASAOKA
理学療法士の数が年々増加してきており、病院だけでなく行政や地域での活躍の場もどんどん広がっています。しかし、どの分野で働くとしても患者様に関わる医師や看護師、療法士、ソーシャルワーカー、ケアマネージャー等といった専門職種で構成されるチームの中で、理学療法士としての専門性を持って機能していく必要があります。これまで私は病院と訪問リハビリテーションで働くことでチームとしての連携の大切さを実感しながら臨床での経験を積んでまいりました。その経験を生かして理学療法の楽しさをお伝えしながら、皆さんが様々なフィールドで活躍できるような理学療法士になれるよう一緒に学び成長していきたいと思っています。
image
専任講師平谷 尚大SHOTA HIRATANI
私は本学院の27期卒業生であり、本学院で理学療法士になるための知識や技術の習得はもちろんのこと、それ以外にも理学療法士として重要な多くの要素を学びました。本学院で過ごした3年間では、多くの先輩・友人・後輩や講師の先生方との出会いがありました。仲間達からは、学校行事や普段の関わり合いの中から、社会生活において重要な人と人との繋がりの大切さを学び、講師の先生方からは、人間の身体・運動の奥深さを学ぶことはもちろんのこと、理学療法士が患者さんの治療に取り組む際の情熱の大切さ、そして何より理学療法士という職業の楽しさを学びました。本学院で学んだそれら多くのことは、私が理学療法士として成長していくための道しるべとなり、困難に直面した際はいつも正しい方向へと私を導いてくれました。 私の講義では、理学療法士として重要な情熱をもって、臨床で経験した体験を生かしながら、理学療法士という職業の奥深さ、そして何より楽しさを皆さんにお伝えしていきたいと思います。